お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>歯の噛み合せ

2008年01月28日

「フェイスリフト」と小顔

外科的方法として顔の表情筋の筋膜を引き上げて顔のタルミを取り除き、若返らせる為に唇をふっくらさせたり、顎を出させます。
もちろん傷痕は目立たせない様にしています。
又、顔の大きさには顔の歪みや脂肪分の多さなどが影響していると言われています。
そこで東洋医学的方法としてマッサージ効果で顔や頭部の血流を良くして新陳代謝が盛んになる事で小顔効果を実現させています。
お笑い的方法としてお笑い芸人が小顔に見せる為に両方のほっぺたを黒く塗って小顔を作っていますね。
歯科的方法として噛み合わせ治療が考えられます。%E5%A5%A5%E6%A7%98.jpg
症例を見て下さい。
噛み合わせが高くなる事で口角部が挙上しほっぺたがシャープになり、フェイスリフト効果が表れ、シワ、タルミも消失し、又、下の顎の先端が尖ったように見えます。
もちろんしっかり噛める事をで血行も良くなり、肌のくすみも取れて、筋肉も発達して小顔効果も表れて若々しくなった様に見えますね。

投稿者:池上 孝

2008年01月21日

慢性疲労症候群

単なる過労で疲れが取れないだけではなく、頭痛や思考力の低下、睡眠障害といった様々な症状が伴います。
ところが、原因や、検査での異常が見当たらなくて、病気とは認知されにくく、原因は現在不明です。
風邪から始まった患者は多く、ヘルペス、インフルエンザといったウィルスとの関連が指摘されていますが、感染症だけでは説明がつかない点が多く、近年、ストレスとの結び付きが言われています。
人間の体は動作や、全身の感覚、呼吸、体温、代謝などを調整する「神経系(脳脊髄、末梢神経から成る)」ホルモンによって体内のバランスを調整する「内分泌系」そしてウィルスや細菌など、外敵が体内に侵入してきたら、やっつける「免疫系」の3つの柱のバランスによって正常に生命機能を維持しています。
ストレスを受けると、脳の視床下部などの反応によってホルモンのバランスが崩れ、免疫系にも影響が及び、神経系や内分泌系にダメージを与える結果、各種の神経伝達物質が減るなどして脳の細胞が変調をきたし、異常な疲労感(体のだるさ)を生じると言われています。
慢性疲労症候群に対して、噛み合わせ治療により、顎の位置が是正され、姿勢が良くなり、背骨の曲がりも是正され、その結果、視床下部へ何らかの形で反応して神経伝達物質が増え、ホルモン系の分泌へ影響を及ぼす為に、症状に対する緩和、消失に繋がると考えられます。

%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E9%9B%8641.jpg

投稿者:池上 孝

2008年01月16日

過去5年間の噛み合わせデータ

お正月休みの期間中に、過去5年間、308人のうち、噛み合わせ治療で結果の出た患者さん122人のカルテを基に初診時の症状(不定愁訴)のワースト13と噛み合わせ治療後の症状のベスト13のデータを作りました。
私の言う噛み合わせ治療が、身体のどんな症状に対して、どれ位有効であるのかと言う事を参考にしてみて下さい。
各個人の診断(感想)であり、万人に当てはまるものではありません。%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%81%A8%E6%94%B9%E5%96%84%E7%8E%87.jpg
噛み合わせ診断の為にスプリントを使用しますが、10人のうち3人は違和感等で中断され、次の3人くらいは治療後の事等色々と考えて中断されます。
残る4人くらいしか結果は出ていません。(改善率約40%)
だからと言って中断されている方々に「こんなに改善されているから!!」などと、噛み合わせ治療を進める事は決してありません。
%E6%94%B9%E5%96%84%E7%8E%87.jpg


投稿者:池上 孝

2008年01月15日

抗加齢医学(アンチエイジング)

アンチエイジングとは、見た目を若々しく見せ、ただ寿命を延ばすのではなく、加齢による変化をできるだけ防いで健康寿命を目指す医学の事です。
人間は加齢と共に体内のホルモン分泌が変わり、女性は更年期からエストロゲン(女性ホルモン)が急激に減り、のぼせ、ほてり等の更年期障害の症状が現れます。
一方男性は、男性ホルモンの分泌減少による、性欲や筋力等の機能低下が男性の更年期障害の症状として現れます。
以上の症状に対して、ホルモン補充療法やサプリメント等の方法が現在は行われています。
最終目的は病院と無縁の健康的な生活を送る事です。すなわち、P.P.K(ピンピンコロリ)を誰しも希望しますね。
自分が毎日、何をどう食べ、どう運動したらいいか?すなわち生活習慣病との戦いだと思います。
このアンチエイジングの中に、歯の噛み合わせの占める割合は非常に大きいものがある事は、疑う余地はないものと確信を持っています。
噛み合わせ治療により、しわやたるみが改善されて若々しい顔貌とシャキッとした姿勢は健康を取り戻します。まさに、これこそアンチエイジングそのものではないでしょうか?

%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E9%9B%86%EF%BC%91%EF%BC%90.jpg

投稿者:池上 孝

2008年01月11日

明けまして おめでとうございます!!

お正月は故郷でゆっくり過ごされた方も多いのではないでしょうか?
私の家でも息子、娘の家族が帰ってきました。
孫たちの顔を楽しみにしていたのですが、正月4日間、お餅2つとお菓子2つで4㌔のダイエットしました。
(多分、私の口の中からの出血以外に、まだお腹に邪気が残っていたのでしょう…)

投稿者:池上 孝

2008年01月07日

メラトニン(脳内ホルモン活性化)と睡眠

メラトニンとは、脳の中心にある「松果体」という部分で作られる、“ホルモン”でその血中濃度が夜間に高く、昼間は低く、睡眠、覚醒のリズムに関与していて、年を取るにつれ、減少すると言われています。
主な作用は睡眠の改善、体温の鎮静、血圧降下、免疫力の強化、感情の調整などが報告されています。
また、メラトニンを多く含む食物には、オート麦、トウモロコシ、米、生姜、トマト、バナナ、大根、春菊などがある。
スプリントを入れると、アゴを中心とした筋肉の緊張が和らぎ血行が改善されて、メラトニンの分泌が促進される様です。
メラトニンの平均増加率はスプリント装着前の約3倍になるという報告もあります。
交感神経の緊張を緩和する為心身のストレスの軽減にも繋がります。
メラトニン製剤と違って、自然の分泌リズムを乱しませんから、副作用もなく安心です。
まさか、噛み合わせ治療が睡眠にまで関係して、睡眠剤から解放され、なおかつ、健康を取り戻す可能性もあると知って頂きたいのです。

%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E9%9B%8613.jpg

投稿者:池上 孝