お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>歯の噛み合せ

2008年12月29日

風邪と噛み合わせ

風邪をひくと、のどの粘膜についた病原体が原因となって、赤く腫れて痛むことが多い。
予防するには、水道水うがいだけで風邪は4割減少し、うがい薬より効果があるそうです。
うがいは風邪のウィルスがのどの粘膜に取りつき、感染するのを防ぎます。
しかし、ヨード液は、殺菌作用が強すぎるために、外部へのバリアになる常在菌まで駆逐(くちく)するためだそうです。
うがいをしない場合に比べ、薬を使った群に風邪をひいた人は、1割少ないだけだったが、水だけのうがいでは4割も減少した、との報告もあります。
のどの役割は、肺へ空気を送り、食べ物を飲み込み、声を出す、と3つの大切な役割を持っています。

保湿の重要性
のどが乾燥すると、浄化作用を果たしている粘膜が傷つきやすくなり、病原体から体を防御する、免疫力を低下させてしまう為に、のどの乾燥は健康にとってすごく大切なのです。

鼻呼吸と口呼吸を比較すると、鼻呼吸は、吸った空気が鼻腔を通る間に、一気に1.5倍に加湿され、温度も寒い季節では10度以上上昇すると言われています。
鼻は外気に湿り気を与え、温かくして体内と同じような状態にすることで、のどや肺の負担を小さくしているのです。
一方、口呼吸だと、外気が調整されないまま、のどを通過するために、特に冬場は冷たく、乾燥した外気にさらされる為に、できれば鼻呼吸へ変えた方がよいわけです。
予防としては、手を洗いのどを洗う十分な栄養をとって、十分な睡眠を心掛けることです。
冬場の室内は、暖房によって乾燥しがちで、特に夜間は湿度を保つのが難しいですね。
湿度が下がると、のどや鼻の粘膜表面にある繊毛の動きが弱くなり、ホコリ等の異物をうまく排出できなくなってしまい、その結果、のどが痛くなったり風邪を引きやすいから寝る時もマスクをするのも1つの方法です。
そこにもう1つ、噛み合わせ治療で唾液の増加による抗菌作用が風邪の予防法でもあることを知っておいて下さい。

health_0112.gif

投稿者:池上 孝

2008年12月22日

ソース顔としょうゆ顔

自分の顔が、どちらか!と考えたことがありますか?
1987年頃から、女性が男性の顔を評価するのに使い始めた言葉です。
「ソース顔(こってりした顔)」は西洋的な彫が深く、少し暑苦しさを感じられる顔で、顔は大きく、目も大きく、はっきりして鼻も、口や歯列が大きくて、顎がすっきりして、小麦色の肌をしてます。
「しょうゆ顔」はあっさりとした日本的な顔のことで、切れ長の目で、鼻筋は通って、顔全体が細くて、小さく、特徴は涼しげだが、平凡でもあり、アイドルに多い顔です。
言い換えれば、顔全体が細く小さく、眼は細く、切れ長で、眠そうな目、鼻はスーッと通って小さく、口や歯列も小さく、歯並びも悪く、顔が細く逆三角形の顔で色白の肌をして、なよなよとした感じの顔です。
ソース顔は昔からよく見られる男性の顔ですが、最近の若い男性にはしょうゆ顔が多く見られます。
骨格と咬筋の関係は、ソース顔の方が咬筋(物を嚙む時に使う筋肉)が発達しています。
しかし、むし歯などで十分噛めなく、軟らかい食べ物が多ければ、筋肉の発達に影響し、それが骨の形態にも変化を来し、しょうゆ顔になり、顎の骨も、噛むことが少ない、軟らかい食事をとり続けると、下顎の運動も少ない為に、下顎の骨も小さくなります。顔の形は遺伝子だけでなく、生まれてからの食生活によっても変わると考えられます。
筋肉の繊維は1日動かさないと3%細くなるとも言われ、筋肉が弱くなると骨からカルシウムが溶けだして骨も細くなり、下顎もむし歯や軟らかい食べ物で噛む回数が減ると小さくなり、しょうゆ顔になります。
しっかりとものを嚙むことは、骨格系に大きな影響力を持っていて、顔も時代と共に変化している事を見て下さい。

081219-iesige.jpg

DSC03143%EF%BC%8D.jpg


投稿者:池上 孝

2008年12月15日

顎関節症の原因

顎の役割は、咀嚼、燕下、発語です。
咀嚼のしかたは頚椎をはじめとして、骨格系に大きく影響を及ぼしていると考えられます。
人は歯を抜いたり、長い間噛むことで、歯がすり減ったり、歯科治療の遅れにより歯列不正が起こったり、左右どちらかで噛む「噛みぐせ」は噛む側に負担が掛かり、咀嚼筋や顎関節に障害を及ぼします。
以上のことが原因で顎の位置異常が起こり、咀嚼や発語のなどの機能異常を生じ、下顎頭や咀嚼筋の異常運動を引き起こすことで、噛み合わせの崩壊が起こり顎関節症へとつながっていきます。
一方病的な機能であるブラキシズム。すなわち、くいしばり、歯ぎしり、噛みしめ(クレンチング)による顎の異常運動により、顎関節や咀嚼筋に障害が起きて、顎関節症につながっていきます。
すなわち、噛み合せの崩壊や不定咬合から起こる顎の位置異常により全身症状が起こっていると考えられます。
噛み合せ異常から起こる全身症状の1つが、顎関節症と考えるのが妥当と考えます。
しかし、顎関節症にも咀嚼筋に何の異常のない顎関節症もかなり認められています。
それは子供の頃からの食生活で、最近ファーストフードなどの柔らかい食べ物は、噛む力も弱く、噛む回数も少なくてすむために、筋肉も衰え、その結果として顎を始め、骨格、筋肉にも悪影響を及ぼしているものと考えられます。

DSC03142-.jpg
100年後の顔

投稿者:池上 孝

2008年12月08日

変形性膝関節症

人間は歳をとるにつれて、関節も老化現象が起こります。
高齢になってからの膝の痛みのほとんどは、変形性膝関節症によるものといわれ、日本人の65歳以上の20%が発病していて、男性より女性に多いのは、骨粗鬆症と同様に、加齢による女性ホルモンの欠乏が原因で、更に長年の体重負担がこれを助長するために、肥満女性に多く、年々患者数も増えています。
関節軟骨がすり減ったり、弱まると、以前と同じ運動をしても、関節により負担がかかるようになります。
はじめは、立ち上がり、歩き始める等の動作で痛む程度で、しばらく休むとよくなりますが、更に病気が進むと、関節軟骨が減るだけでなく骨が変形してくることで、膝が痛むと共に関節の動きが悪くなってくるのです。
さらに、進行すると階段の上り、下り、の際の痛みや、正座している時の痛みがはっきり自覚でき、動作が不自由になってきます。
膝に水が溜まって、腫れたり、朝起きて、膝がこわばって、すぐに歩けなくなり、じっとしていても痛み、日常生活に支障が起こる様になります。
過去に膝の外傷や、リウマチ等の病気がなければ、長年過重負担から関節内の軟骨がすり減り、次第に骨の変化を起こす変形性膝関節症です。
すり減った軟骨や、関節の変化は元に戻りません。人工関節置換術や内視鏡摘出術以外にも、サポーターや足底板等の装具を用いて、関節の負担の軽減を図ったり、ヒアルロン酸の関節内注入、薬物療法が一般的に行われていますが、膝関節の筋力強化運動が痛みの改善に有効とも言われています。
一方、膝関節だけを見るのではなく、一歩下がって姿勢を見て下さい。
どちらか一方に身体が傾いて、同側の膝に負担が掛かっているようであれば、噛み合わせ治療による姿勢の改善を視野に入れるのも、一方法かもしれませんね。

2008-12-8.jpg

投稿者:池上 孝