お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>歯の噛み合せ

2015年09月11日

ロコモティブシンドロームの予防と噛み合わせ

最近、ロコモと言う言葉をよく聞きますね。
ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略で筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器の障害から運動機能が低下し、立つ、座る、歩く事に障害が起こる事を言います。

進行すると、要援護、要介護にも繋がる可能性があります。
介護の原因の第一位は、運動器の障害という結果も出ています。
現在の予防法は、適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を摂り、骨粗鬆症にならない為の薬、そして最後には手術による人工関節を入れる事です。
そこにもう一つ、咬合治療が関係している可能性がある事を知って頂きたいと思います。

人間の姿勢は頭の位置によって決まり、頭の位置は噛み合わせによって決まるのです。
ほとんどの人は、年と共に噛み合わせが低くなり、姿勢も悪く体が歪んでいるのです。
噛み合わせ治療により姿勢が良くなり、その結果バランスも良くなれば、運動をする事も可能になり、健康維持に繋がりロコモの予防に大きく関係する事を知って頂きたいです。

噛み合わせ治療で杖から解放された症例
●73歳 女性 : 斜頚に伴う頭痛と尿漏れ、杖から解放され頭痛と尿漏れも改善した症例(脳外科からの紹介)●

                               初診      2ヶ月後            初診       2ヶ月後

●85歳 女性 : 杖から解放され、嗅覚と胃症状、眠りが改善された症例●
  
                               初診        2ヶ月後           初診       2ヶ月後

投稿者:池上 孝

2015年09月10日

健康寿命と介護予防に関係する噛み合わせ!

現代医学の発達により平均寿命はどんどん延びていますが、皆様は人生の終末はどう考えていますか?
誰でも、出来ればPPK(ピンピンコロリ)で人生を終えるのが理想ですが、私の造語であるNNK(寝込んで寝込んで苦しむ)だけは避けたいものですね。
男性の平均寿命は80.2才で、健康寿命は70.4才。
女性の平均寿命は86.3才で、健康寿命は73.6才。

平均寿命から健康寿命を引いたものが介護の世話になったり、寝たきり状態になる期間です。
理想は少しでも0に近づけたいものですね。

年老いても健康で人生を過ごしている人々と、健康を損なっている人々との顔や姿勢を比較してみて下さい。
後者の人は、猫背の人が多いと思いませんか?そして杖をついている人もいますね。
ちまたでは、背筋を伸ばして姿勢を正しなさいと言われますが、一時的には出来ますがそれを持続させる事は不可能ですね。
姿勢はその人の頭の位置により決まるのです。
その頭の位置を決めているのが“歯の噛み合わせ”なのです。
歯も長い間使い続けると、磨り減ったり抜けたりして、噛み合わせは確実に低くなっているのです。
人間は二本足で立ち、一番上に重い頭があり、噛み合わせが低くなると下の顎は後ろへ下がり、重い頭は前に傾いてバランスを取る為に猫背になっているのです。
しかし、その噛み合わせを高くする事で、頭の位置が変わり、顔貌や姿勢までもが変わるのです。
健康を損なっていた方が、噛み合わせ治療をする事によって、健康を取り戻したという事実を知って頂きたいと思います。

健康寿命を延ばし、介護を予防する方法の選択肢の1つとして、“歯の噛み合わせ”がいかに大切かを知って頂きたいと思います。
 

投稿者:池上 孝