お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>歯の噛み合わせ

2018年11月14日

顎関節は巨大ポンプ

心臓の働きは新しい栄養豊富な血液を全身の組織に送り出し、その結果発生した痛みの物質を含む老廃物の血液を送り戻しているのです。
それを助けているのが、①心臓②第二の心臓と言われている横隔膜です。
③第三の心臓と言われているのは顎関節です。
こめかみから側頭部に沿った部分に海綿静脈洞(スポンジのたわしみたいな組織)には、頭の内外の静脈(使用済みの痛みの物質を含む血液が流れる血管)が全て集まり、そこから下顎の関節部分には草むら状態の静脈が集まっている翼突神経叢があります。
翼突神経叢では、咬筋を中心とした周りの筋肉に草むらの様に血管がはり巡っています。
物を咬むと咬筋やその周りの筋肉が動くため、それらの血管は圧迫されるが元に戻そうとする力が働くため、海綿静脈洞にたまった血液を頭から心臓に送り返すポンプの働きが生まれます。
つまり咬むということは、頭の中の使用済みの血液を心臓に送るのだから、ポンプはポンプでも心臓とは反対の働きをしているのです。
また、心臓と横隔膜、顎関節を手助けしているのが、④第四の心臓と言われている下肢であり⑤第五の心臓は上肢なのです。
胸部の心臓以外の全てが頭、頚、肩と身体の要所要所で、咬むことで頭の血液をバックさせる中枢的な役割を果たしているのです。
そこで③第三の心臓である、顎関節部を中心とした部分の動きが悪ければ、頭部の血液、痛みの物質の流れが滞った結果として、頭・頚・肩痛を訴えているのです。
噛み合わせを改善する事で下顎の運動も大きくなり血管は引っ張られ圧迫される事で血流が良くなり、痛みの物質を送り出すポンプの役割を果たす為、症状の改善にも繋がっている可能性があります。
まさに噛み合わせは巨大ポンプなのです。

投稿者:池上 孝

2018年11月13日

歯科心身症と身体の不調と噛み合わせ

口の中に違和感、冷水、温水痛があり、原因不明で、仮歯にした時は良かったと思ったが次第に痛くなり、苦しくなって我慢できなくなり、外してほしいと感じ、歯や口腔に異常もないのに舌がヒリヒリして痛みが強く食事もできない。
フロスや歯間ブラシをしても口臭が気になる。
歯を治療してから悪くなったから、治療をやり治せば良くなると思う。
治療したらかえって悪くなった。この様な経験をお持ちの方もおられるかと思います。
症状も改善しないのでドクターショッピングを繰り返しても診断もつかず、症状が執拗に続く。
しかも歯や口腔粘膜に異常もなく、あったとしてもそれが治っている状態であれば原因ではない可能性があります。
歯科的にはこの様な状態であれば、顎関節症、口腔異常症、非特定型顔面痛、歯科恐怖症、口臭(恐怖)症、など、歯科(口腔)心身症と分類されているのです。

その原因は2つ考えられています。
1つは癌ではないか、服用薬が原因、あの治療が間違い、この歯を削ったら良くなるはず等、本人の思い込みで間違った関連付けからくるもので、カウンセリング(心理療法)が必要と言われています。
2つ目は三叉神経からの信号が脳に伝わる過程で異常信号を発する事で疼痛、違和感、咬合異常感、顎関節症等症状を有するもので末梢性神経障害性疼痛と呼ばれ、薬物療法が有効と言われています。
またこれらの症状があっても精神的医学的なうつ病とは異なる事が多いそうです。
治療法は薬物療法として抗うつ剤が有効であると言われています。

歯科的治療法として考えられるのは「噛み合わせ」
原因不明で不調を感じる以前に歯科治療を受け、それ以後に症状が現れたのであれば、間違いなく「歯の噛み合せ」に原因があると考えられます。
また、以前に矯正治療を受けた人、噛み合せが低い人、出っ歯傾向の人、下顎の方が前に出ている人、子供の時歯を抜いて後ろの歯が前に傾いてきている人、八重歯の人、乱杭歯の人、明らかに下顎がどちらかに偏っている人、身体が歪んでどちらかに傾いている人、この様な人々は歯の噛み合せが関与している可能性は大いにある事を知っていただきたいと思います。
今一度自分の口、身体に目を向けてみてはいかがですか。

投稿者:池上 孝

2018年08月01日

「原因不明の身体の不調」の原因は噛み合わせかも!?

現在、身体に不調を認め色々検査をしてみても原因は分からず、ドクターショッピングを繰り返して心療内科、ペインクリニック等で薬物療法に頼っている方もおられると思います。
その原因の考え方、捉え方も色々ありますが、その1つに「歯の噛み合わせ」に目を向けて見て下さい。
身体に不調を感じる以前に、歯科で治療を受けた事がありませんか?
歯科で何らかの治療を受けた後に、身体の不調が現れたのであれば、間違いなく「歯の噛み合わせ」に原因があるといっても過言ではありません。
「歯の噛み合わせ」はミクロの世界でμ(ミクロ)単位での咬合の変化で、身体の不調が現れる事は論文等で発表されています。
自分自身の顔貌と姿勢の変わり方(変化)に目を向けた事がありますか?
第三者に顔貌、姿勢について見たり、聞いたりした事がありますか?
自分でもなぜ左右の目の大きさの違い、ホウレイ線、口角部のしわ、上下の口唇の大きさ・形の違い、なぜ口唇がへの字になっているのか?下の顎が後方へ移動し前歯が深い噛み合わせになっている事、左右の肩の高さ、足の開き具合、なぜビッコで歩いているのだろう、なぜ腰・膝が痛い等の疑問を持ちませんか?

多くほとんどの人は、年のせいで納得していませんか?
(最近ではフレイルと言います)医科の検査で原因不明であれば、次に「歯の噛み合わせ」を一度考えてみてはいかがでしょうか。
この原因不明の身体の不調に対して、自分自身何も悪い事をした訳でもないのに、なぜ自分ひとりがこんなに悩み苦しまなければならないのだろうか等、色々と自分自身を追いこんではいませんか?
身体の不調は何か原因があるから起こっているのです。
歯科での治療がたまたま引き金になっただけなのです。
車も長い間乗り続けるとどうなりますか?
車であれば、部品の交換という方法もありますが、時間がたてば部品もなくなりますよね。
人間も長い間続けると、骨、筋肉、歯も変化して、年のせい(フレイル)と考えても当然です。
そこで、歯科的治療法として短く低くなった歯を、人工的に元の歯の高さ、大きさに回復する(部品交換)事で頭位が変わり、姿勢が変わり、身体の不調も回復する可能性がある事を知って頂きたい。
「口は身体の不調の入り口であり、健康の出口でもある」
karou_businesswoman.pngkounenki_man.png


投稿者:池上 孝

2018年07月31日

不快症状からみた難病と噛み合わせの関係について

現代医療は、難病に対してすべての医師が診断、治療に精通しているとは限りません。
現在は、対処療法が主流で症状に変化が認められなかったり、悪化する度に薬が変わったり増量されてます。また、新薬も加わり、それに対する副作用も無視できないものです。
多くの難病患者さんは、病名、診断名にあまりにも振り回されている様に感じられます。
難病は診断が付かず、治療法も確立されていないから難病なのです。
医療保険の請求には診断名が必要なので、原因不明の場合「~症候群」と病名が付いているのが現状です。
難病を病気として正面から見るのではなく、視点を一寸変えてその人の持つ不快症状に目を向けて見て、その症状が1つでも2つでも改善されればどうでしょうか・・・・。
例えば、猫背の人は逆流性食道炎、誤嚥性肺炎、尿漏れ、腰痛、膝痛、運動器症候群(ロコモティーシンドローム)等の症状が出やすいのです。
ならばその猫背が変わればどうでしょうか?
姿勢は頭の位置によって決まり、頭の位置は噛み合わせによって決まっているのです。
噛み合わせ治療で姿勢が改善されると、まず自律神経の乱れが調整されます。
すなわち、副交感神経が優位に働く事により、涙液、唾液が増加します。
そして、胃、腸の蠕動運動が活発になり、胃弱といわれる胃症状、便秘、下痢、不眠等が改善される可能性があります。自律神経の乱れは、唾液不足に現れます。
涙液と唾液は加齢と共に減少すると言われていますが、実は特効薬なのです。
うつ、認知症、パーキンソン病の人は前頭葉眼窩皮質の血流が悪いとの報告もあり、咬合治療によりその部位の血流が長期間に渡って上昇した状態が続いているとの報告もあります。
涙液も唾液も血液の一部で、腺細胞由来で、涙液が増加すれば唾液も増加します。
難病患者さんにとって、涙液、唾液が増加すれば、ドライアイ、ドライノーズ、ドライマウス、便秘、下痢、不眠等の症状が改善し、その結果免疫力、ホルモン力もアップして、それは全身の健康に繋がるのです。
それが私の考える歯の噛み合わせなのです。
「たかが噛み合わせ、されど噛み合わせ」
「口は食物と未病の入り口であり、健康の出口でもある」

投稿者:池上 孝

2018年04月26日

膝痛の治療に噛み合わせを考えて見ては

膝も加齢的に関節の色々な部分が変化し、膝関節内でも骨が分離して傷を生じ炎症が起こると考えられます。
その痛む膝をかばって歩くと、膝の周囲の腱や筋肉が炎症を起こして痛みを感じるそうです。
その結果、歩きで痛みが苦痛だったり、正座が出来なかったり、階段の上り下りが辛く膝痛で苦しんでいませんか。
これが変形性膝関節症なのです。
現在は対処療法として、湿布や塗り薬、鎮痛剤の服用で、次にヒアルロン酸、ステロイドの注射と温熱療法、電気治療といった理学療法やリハビリが行われています。
それでも改善しないケースで骨に変形が認められる場合は人工関節を入れる手術が行われます。
人工関節ではほとんど痛みはなくなり、o脚、ガニ股の人は脚は真直ぐになり歩きやすくなりますが、耐用年数は約15年と言われて、いずれは再手術も視野に入れておかなければなりません。
出来れば手術は避けたいですね。
手術をする前に1つの方法として、視点を一歩下がって膝ではなく全身の姿勢に注目してみて下さい。

膝痛の人を正面から見ると、頭はどちらかに傾き、左右の肩の高さ、足の長さ、足の開き具合の違い、また側面から見ると、猫背、凹背が多いと思いませんか?
この様な人の膝にかかる左右の比率はどうでしょうか。
その状態が持続していたら膝は過加重で悲鳴をあげるでしょう。
ではなぜそうなるのでしょうか。
人間は2足歩行で最上部に重い頭があり、その頭の位置で姿勢は決まるのです。
その頭の位置を決めているのが下顎位、すなわち噛み合わせなのです。
加齢的、人為的、抜歯により噛み合わせは必ず低く低くなり、すると下顎は後方に移行し、抜歯した側は筋肉に引っ張られ低くなり頭は傾きます。
その結果、肩は下がり、骨盤はずれて身体全体は歪みを生じて、腰痛、膝痛に繋がっているのです。
その状態で歩けば、肩、腰、膝は悲鳴をあげて行く行くはロコモティーシンドロームに繋がっていると言っても過言ではありません。
噛み合わせ治療で姿勢が変わり、頭位が変わり、肩、腰、膝への負担が左右同等になり、痛みから解放される可能性があるのです。
メスをいれるまでに歯の噛み合わせを選択肢の1つに考えて見てはいかがでしょうか。

投稿者:池上 孝

2018年03月24日

オーラルフレイルと噛み合わせ

フレイルとは高齢になり、筋力や体力が衰えた状態の事で、健康と病気の中間的な状態で「もろさ」「虚弱」を言います。
加齢と共に筋力が衰える事を「サルコペニア」と言い、ギリシャ語で「肉」「筋肉」を表すsarcoと、「減少」「消失」を意味するpeniaを組み合わせた「筋肉の減少」という意味です。
要介護と病気の一歩手前で、健康でもなく病気でもない未病をを言います。
フレイルの最大のリスクと言われるサルコペニアとは、加齢等による筋肉の減少で、要介護の入り口とも言われています。
特に足の筋肉が減少すると、ちょっとした段差にも躓き、転倒しやすく骨折等で要介護になり、外出頻度が減少し、社会との接点も減り、認知症になります。
歯を失ったり噛み合わせが狂うと、オーラルサルコペニアになり、噛む力が低下する為に食事が喉に詰まりやすくなったり、飲み込む力が衰えると、お茶や汁物でも咽やすくなります。
奥歯を失い噛み合わせが出来ないと、咀嚼に必要な筋肉が減ってしまう為に、軟らかい物、食べやすい物ばかり食べていると口の周りの筋肉が衰えて本当に食べられなくなります。
また、口角は口輪筋の動作は鈍くなり、飲み込む力が弱っていき、耳下腺への刺激が少なくなり、唾液は減少し、食塊の嚥下が困難になります。
舌は歯列弓からはみ出し、萎縮し動きは鈍くなり、顎下腺、舌下腺への刺激も少なくなり、唾液の分泌量は更に減少します。
また舌は、前下方へ移動して乾燥し、免疫力は低下します。
唾液の分泌が低下すると、ドライアイ・ドライノーズ・ドライマウス・便秘・下痢にも繋がり、歯周病が進行し、口臭も酷くなります。
「滑舌の衰え」「食べこぼし」「わずかなむせ」「噛めない食品が増える」等、些細な口腔機能の低下を見逃さない事が大切で、このわずかな口の衰えは、身体の衰えと大きく関わっているのです。
噛めない事がオーラルフレイルに繋がり噛めることがオーラルフレイルの予防なのです。

投稿者:池上 孝

2017年11月24日

私の考える難病患者に対する「歯の噛み合わせ」

難病患者の顔貌、姿勢を私なりに観察させていただき、また、個々の患者さんの難病に対する考え、思いも聞かせて頂きました。現代医療は、難病に対してすべての医師が診断、薬の使い方等に精通しているとは限りません。
現在は、薬物療法がメインで症状に変化が認められなかったり、悪化する度に薬は増量されます。また、新薬も加わり、それに対する副作用も無視できないものです。
私が思うに、多くの難病患者は、病名、診断名にあまりにも振り回されている様に感じられます。
難病は診断が付かず、治療法も確立されていないから難病なのです。
医療保険の請求には診断名が必要なので、原因不明の場合「~症候群」と病名が付いているのです。
難病を病気として見るのではなく、視点を変えてその人の持つ不定愁訴に目を向けて見て、その症状が1つでも2つでも改善されればどうでしょうか・・・・。
例えば、猫背の人は逆流性食道炎、誤嚥性肺炎、尿漏れ、腰痛、膝痛、運動器症候群(ロコモティーシンドローム)等の症状が出やすいと言われています。
ならばその猫背が変わればどうでしょうか?
自律神経の乱れは、唾液不足に現れます。
しかし、唾液が増えれば免疫力、ホルモン力もアップして全身は健康になります。
私の考えている「歯の噛み合わせ」から見ると、姿勢が改善する事で、まず自律神経が調整されます。
すなわち、副交感神経が優位に働く事により、涙液、唾液が増加します。
そして、胃、腸の蠕動運動が活発になり、胃弱といわれる胃症状、便秘、軟便、下痢等が改善される可能性があります。
難病患者にとってこの様な不定愁訴の1つでも2つでも改善されればどうでしょうか。
又、うつ、認知症、パーキンソン病の人は前頭葉眼窩皮質の血流が悪いとの報告もあります。
ところが、
咬合治療により画像を通して血流が長期間に渡って上昇した状態が続いているとの報告もあります。
涙液も唾液も血液の一部で、腺細胞から出来ています。
だから、涙液が増加すれば唾液も増加しているのです。
すなわち、涙液、唾液が増加すれば、ドライアイ、ドライノーズ、ドライマウスの症状改善し、それは免疫力、ホルモン力のアップに繋がる可能性もあります。
難病患者にとって、ドライアイ、ドライノーズ、ドライマウス、便通、不眠等の症状が改善するとしたらどうでしょうか。
それが私の考える歯の噛み合わせなのです。
「たかが噛み合わせ、されど噛み合わせ」
「口は食物と未病の入り口であり、健康の出口でもある」

投稿者:池上 孝

2017年11月18日

高齢者の味覚と噛み合わせ

高齢者の塩味を感知する能力は、健康な若い人に比べて約12分の1といわれています。
つまり約12倍の塩を使わないと、若い頃と同じ味に感じられないという事です。
高齢者が若年者と同じ味を感じる為に、苦みは7倍、うまみは5倍、酸味は4.3倍、甘味は2.7倍の刺激が必要になるのです。
だから、高齢者は塩分の強い食事を摂りがちで、加齢と共に味覚障害を発症する人が増えているのです。
人の味覚は舌の表面にある「味蕾」というセンサーで味を感じます。
味蕾は味細胞が40~50個集まったもので、花の蕾のような形をしていて、味細胞の先には「微小毛」とうアンテナの様なものがあり、唾液に溶け込んだ味の成分が唾液を伝って舌の上に広がり、味の情報を神経を通って脳へ伝えています。
味細胞も10日位のサークルで常に新しい細胞に生まれ変わっていますが、亜鉛が不足すると味細胞の再生がうまくいかないことが味覚障害と舌炎の原因と言われているのです。
冬季は味覚障害が発生、進行しやすいのは寒くなり、空気の乾燥、唾液が少なくなる事も味を感じにくくなる原因なのです。
この信号伝達に何らかの乱れが生じると、味の感じ方がおかしくなります。
この乱れはストレスや体調不良、高齢者が飲んでいる事の多い降圧剤や、糖尿病治療薬によって引き起こされる事もあります。
その為、結果的に高齢者に味覚障害が多くなると考えられます。
味覚は視覚、聴覚に比べて本人が把握しにくく、濃い味付食事で塩分過剰によって高血圧、動脈硬化のリスクを生じ、その先に脳出血や心筋梗塞など命に関する疾患、リスクが待っています。
症状が進行すると、「食べ物の味がしないから食事がまずい」と食べなくなってしまい栄養失調状態になり、体重や免疫力低下を招き、重篤な病気にも繋がっているのです。
食事の関心を失う事は、命を縮めるリスクに直結するのです。
味覚障害と舌炎にはドライマウスが大きく関係している可能性も考えられます。
治療法、予防法として噛み合わせ治療も1つです。

投稿者:池上 孝

2017年11月18日

口呼吸と噛み合わせ

人間は、本来鼻からの呼吸(鼻呼吸)が基本で、口呼吸は補助的な役割なのです。
鼻の機能は呼吸以外に嗅覚や鼻毛によるフィルターの役割があります。
それが何らかの原因で、鼻閉が生じると、一時的に口呼吸になったり、アレルギー性鼻炎が慢性的になると、口呼吸が習慣になってしまいます。
部分的に見れば、口が乾燥状態になると、歯の渇いた場所に食べかすが付きやすく、細菌も洗い流せないので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
また全身的に見れば、気管や肺に直接外気が入る為、インフルエンザや風邪になりやすくなります。
夜間に口が渇いたり、口がぽかんと開いている人、いびきをかいている人、睡眠時無呼吸症の人は口呼吸に繋がります。
治療法として噛み合わせ治療も1つです。

投稿者:池上 孝

2017年11月18日

猫背と噛み合わせ

あなたは猫背ではありませんか。
猫背とは背中が丸まった姿勢の事で、見た目が悪いだけでなく、座った猫の様である事から、猫背という名前が付いたと言われています。
この猫背を続ける事で、頭痛、肩コリ、腰痛、誤嚥性肺炎、尿漏れ、ロコモ(運動器症候群)内臓の不調、心肺機能の低下等が現れやすくなります。
だから猫背の姿勢を放置すると、病気になってしまう可能性もあるのです。
原因は前かがみの姿勢を続ける事により胃の血行が悪くなり、臓器が圧迫され、食べ物の消化にも影響を及ぼします。
又、首には太い血管や神経が通っているので、ここに過度な負担がかかり、自律神経が圧迫され、神経回路に影響を及ぼし、血管を慢性的に圧迫し、血流の滞りが起き、しびれや痛みが出る事があり、さらに怖いのが、脳梗塞、クモ膜下出血等・・・。
様々な病気の発症リスクが跳ね上がります。
猫背の改善方法として、自分の意識付けとか、対策法が述べられていますが、なかなか正しい姿勢を持続する事は難しく、元の姿勢に戻りやすいです。
それは、人間は二足歩行で姿勢は頭の位置により決定され、頭の位置は噛み合わせによって決まるのです。
年と共に歯はすり減って短くなったり抜歯等により噛み合わせが低く低くなった結果猫背になっているのです。
その噛み合わせを高くする事で頭の位置が変わり、姿勢が変わり、猫背姿勢も変わり健康を取り戻す事も可能なのです。
それが噛み合わせです。

投稿者:池上 孝