お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>歯の噛み合わせ

2019年06月26日

難病患者の随伴症状と噛み合わせ

難病患者の多くの方は、診断名にこだわっていませんか? 振り回されていませんか?
医師も全ての難病に精通しているとは限りません。
治療法は薬物療法がメインで症状が改善されなければ薬も増量され、新薬も加わりますが、副作用も無視できません。
難病ははっきりと診断がつかないから「~症候群」という病名なのです。
治療法も確立されていないから難病なのです。
その難病に対する随伴症状に目を向けてみてください。
その症状が少しでも改善されたらどうでしょうか?
難病の人々は、ドライアイ、ドライノーズ、ドライマウス、胃症状、便通、不眠etc.
また、猫背の人に、頭痛、首・肩コリ、膝痛(ロコモティブシンドローム)を訴えていませんか?
顔貌と姿勢は健康状態を表しているのです。
それを決定しているのが噛み合わせなのです。
難病患者は自分の「噛み合わせ」と「姿勢」を考えてみたことがありますか?
歯は話せて噛めれば良いというものではないのです。
難病患者にとって、その噛み合わせを変える事で随伴症状が改善すればどうでしょか?
その一つに自律神経失調症の随伴症状の一つであるドライマウスについて考えてみましょう。
症例
①66才 ベーチェット病
②83才 眼瞼下垂
③75才 パーキンソン病
④62才 全身エリテマトーデス

ドライマウスとは、何らかの原因で唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥した状態の事です。
軽症では口内がネバつきや、飲み込みにくさ、口臭などの症状が自律神経失調症の症状です。
症状が進行すると、舌のひび割れ、舌痛症、ひいては食べ物が食べられなくなる事もあります。
口が渇く為に、水分の摂取量も増え、二次的に胃弱、便通異常にもつながります。
その原因は、「噛み合わせ異常」によるものです。
それは加齢と共に硬い歯もすり減って短くなり、また治療などで低く低くなって噛み合わせが狂ったからです。
赤ちゃんは口の中は唾液が湯水の如く溢れて、涎が垂れているでしょう。
それに引き換え、大人は加齢と共に井戸が枯れるが如く唾液は減少し、口の中は渇いてカラカラです。
これは、年のせいで片付けられているのが現状です。
低くなった噛み合わせを高くする事で唾液が増え、口の渇きも改善するのです。
その噛み合わせを一時的に高くしてみてどんな変化が起きるのか自分で体感してみてください。
まず、割り箸を5㎝くらいに切り、横にして左右の小臼歯間で5分間噛んでみてください。
すると涙液、唾液、鼻閉感、呼吸、目、顔貌などがどう変化するか体感してみてください。
涙液、唾液は血液の成分です。
一時的に噛み合わせを高くする事で口腔内の容積が拡大し、リラクゼーションが起こり、舌の可動域が拡大、気道が立ち上がることによるものです。
自律神経のバランスが乱れて、交感神経が優位に働くから涙液、唾液の減少が起こっているのです。
その涙液、唾液が増加することは、副交感神経が優位に働いたから自律神経のバランスの乱れが調整されたからなのです。
自律神経は瞬時に反応するのです。
噛み合わせを一時的に高くしたことで、自律神経が調整されたということの証明です。
それが噛み合わせなのです。
尚、反応が認められない人は割り箸(4㎜)では高すぎるか低すぎるからです。
爪楊枝(2㎜)を噛んでみてください。それでも変化がなければ、その時はОリングテストで、その人に適した高さを割り出していくのです。
必ずその人に適した高さがあるはずです。自転車のサドルの高さはいい加減が良いでしょう。
難病の人に対して、噛み合わせとはどういう物か、自分自身で体感してみてください。
たかが噛み合わせ、されど噛み合わせなのです。

投稿者:池上 孝

2019年06月15日

オーラルフレイルと噛み合わせ

フレイルとは、英語で「もろさ」「虚弱」を表す「Frailty」の日本語訳です。
高齢になり、筋肉や体力が衰えた事で、健康と病気の中間的な状態の事を言います。
サルコペニアとは、ギリシャ語で「肉」「筋肉」を表すsarcoと、「減少」「消失」を意味するpeniaを組み合わせた「筋肉の減少」という意味で、加齢と共に筋肉が衰える事を言います。
要介護と病気の一歩手前で、東洋医学で言う健康でもなく病気でもない未病と考えてみてください。
フレイルの最大リスクであるサルコペニアは、要介護の入り口とも言われています。
特に足の筋肉が減少すると、ロコモティブシンドロームに繋がり、ちょっとした段差にもつまづき、転倒しやすく骨折等で要介護になりやすく、外出頻度が減少し、社会との接点も減り、認知症になる可能性があります。
歯を失ったり、噛み合わせが狂うとオーラルサルコペニアになります。
そして咀嚼に必要な筋肉も減って、柔らかい物、食べやす物ばかり食べるようになります。
その結果、口の周囲の筋肉も衰えて、食事がのどに詰まりやすく、お茶や汁物でもむせやすくなって、本当に食べられなくなる可能性もあるのです。
また、口角は口輪筋の動作は鈍くなり、飲み込む力が弱っていき、耳下腺への刺激も少なくなり、唾液は減少し、食物の嚥下が困難になります。
舌は歯列弓からはみ出し、萎縮して、乾燥し、免疫力は低下し動きも鈍くなります。
その結果、顎下腺、舌下腺への刺激も少なくなり、唾液の分泌量は更に減少します。
唾液の分泌が低下すると、ドライアイ・ドライノーズ・ドライマウス・便秘・下痢にも繋がり、ひいては歯周病も進行し、口臭も強くなります。
「滑舌の衰え」「食べこぼし」「わずかなむせ」「噛めない食品が増える」等、ささいな口腔機能の低下を見逃さない事が大切で、このわずかな口の衰えは、身体の衰えと大きく関わっているのです。
噛めない事がオーラルフレイルに繋がり噛めることがオーラルフレイルの予防なのです。
フレイルの最初の入り口が「お口」なのだという事を知って頂き、しっかり噛んで食べられないことがドミノ倒しになる傾向にあると考えられます。


投稿者:池上 孝

2019年06月15日

ドライマウスの改善法(実習)

ドライマウスとは、何らかの原因で唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥した状態の事です。
軽症では口内がネバつきや、飲み込みにくさ、口臭などの症状を訴えます。
自律神経失調症の主症状でもあります。
症状が進行すると、舌のひび割れ、舌痛症、ひいては食べ物が食べられなくなる事もあります。
口が渇く為に、水分の摂取量も増え、二次的に胃弱、便通異常にもつながります。
その原因は、噛み合わせ異常によるものと考えられます。
それは歯が加齢と共に硬い歯もすり減って短くなり、また治療などで低くなって噛み合わせが狂ったからです。
赤ちゃんは口の中は唾液が湯水の如く溢れて、涎が垂れているでしょう。
それに引き換え、大人は加齢と共に井戸が枯れるが如く唾液は減少し、口の中は渇いてカラカラです。
これは皆、年のせいで片付けられているのが現状です。
低くなった噛み合わせを高くする事で唾液が増え、口の渇きも改善するのです。
その噛み合わせを一時的に高くしてみてどんな変化が起きるのか自分で体感してみてください。
まず、割り箸を5㎝くらいに切り、横にして左右の小臼歯間で5分間噛んでみてください。
すると涙液、唾液、鼻閉感、呼吸などがどう変化するか体感してみてください。
涙液、唾液は自律神経支配です。
一時的に噛み合わせを高くする事で口腔内の容積が拡大し、リラクゼーションが起こり、舌の可動域が拡大、気道が立ち上がることによるものです。
自律神経のバランスが乱れて、交感神経が優位に働くから涙液、唾液の減少が起こっているのです。
その涙液、唾液が増加することは、自律神経のバランスの乱れが調整され、副交感神経が優位に働いたからです。
自律神経は瞬時に反応するのです。
噛み合わせを一時的に高くしたことで、自律神経が調整されたということの証明です。
それが噛み合わせなのです。
尚、反応が認められない人は割り箸(4㎜)では高すぎるか低すぎるからです。
その時はОリングテストで、その人に適した高さを割り出していくのです。
必ずその人に適した高さがあるはずです。
噛み合わせとはどういう物か、自分で試してみてください。

投稿者:池上 孝

2019年05月15日

認知症に歯科医師からの提言

認知症の人の口の中に目を向けた事がありますか?
私たちは生まれてから死ぬまで歯を使って咀嚼する事で、栄養を取っています。
つまり「生きる」事は「食べる」事です。
歯を使って噛む事で脳が活性化するのです。
まだ認知症の原因はハッキリつかめておりませんが、咬む事でいつまでも脳を刺激し脳の血流も増やし、認知症の原因と言われているアミロイドβを脳血流で脳から追い出ます。
前頭葉の眼窩皮質の血流が良くなると、脳は活性化し認知症の改善に繋がる可能性もあるのです。
しかし長年、歯が抜けて噛めなくなったり、咬み合わせが悪ければ、脳への刺激が減ってその結果脳も老化していきます。
認知症患者の口の中ビックリするくらい汚れていて、まるで「ゴミ屋敷」状態の人が多いのです。そういう人はもちろん噛み合わせも姿勢も悪い様です。
現在の歯科医療は口腔のケアによって認知症状が緩和、改善し脳も若返り、更に誤嚥性肺炎、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの全身疾患リスクを下げて「健康寿命」を延ばすことにも繋がると言っています。
私もまさにその通りだと思いますが、口腔のみに目を向けるだけでいいのでしょうか?
そこで視点を変え、一歩下がって全身の姿勢に目を向けてみますと、そこには信じられない事が起こっているのです。
多くの認知症の患者さんは「噛む」という事を忘れているのではないでしょうか。例えば、義歯の患者さんはどうでしょうか?
外出時、食事の時には装着しているけど、それ以外は外していることが多くないですか?
なぜでしょう。それは多分、痛い、咬めないからです。
噛めない、噛まないから脳への刺激が減少して脳も老化していくのです。
ではなぜ噛めないか考えてみましょう。機械でも長年使い続けると金属疲労が起こり色々とトラブルが起こりますね。けれどもそれは部品の交換等で改善します。しかし人間の歯はどうですか?
長年使い続けると歯もすり減って短くなったり折れたりと、噛み合わせは低く低くなります。
その結果として下顎は後退して口唇は薄く、口はへの字になり、ほうれい線など年相応の老人様顔貌になります。
姿勢も悪く猫背になり、身体のバランスも悪く一寸した物につまづき、転倒、骨折、入院、介護、そして認知症へと繋がってきます。
そこで低くなった噛み合わせを高くすることでよく噛めるようになります。そうすれば脳も活性化して姿勢は良くなり、顔貌も変わり若々しくなるのです。
それが「歯の噛み合わせ」なのです。
私の30年来の結果から分かってきたことです。これからも一つ一つの症例を積み重ね「歯の噛み合わせ」の重要性を認識してもらい、市民権が得られるように頑張るつもりです。
医科医師と連携する事により、出来ればもっともっと健康を損なっている多くの人々を救うことが出来ると願っています。

投稿者:池上 孝

2019年01月21日

鼻と喉の違和感と噛み合わせ

喉の奥が引っ張られる様な感覚、鼻閉感、後鼻漏、鼻炎、嗅覚味覚障害、舌痛、胃もたれが続き疲れているのに眠れない、等で検査をしたが異常は見つからず、ドクターショッピングを繰り返している方も多いと思います。
この様な症状を訴える人の多くは、不安や抗うつ症を伴っていることが多く、精神的ストレスから自律神経のバランスが崩れる事で喉の周囲の筋肉が緊張し、逆流性食道炎を発症し、喉が酸にさらされる結果として、喉の違和感が起きると言われています。
又、舌痛を訴える患者もその9割は食事中に痛みが消えたり軽減したりするとの報告もあります。
患者の人間関係など、心が抱える問題が大きく関係していると言われています。
噛み合わせ治療で自律神経が調整され、副交感神経優位に働くとどうでしょうか。
心の問題も軽減される事と共に、ドライアイ、ドライノーズ、ドライマウスの症状改善が認められる可能性があります。
医科と歯科が連携出来れば明かりは見えてくると思うのですが!
 

投稿者:池上 孝

2019年01月21日

尿漏れと噛み合わせ

尿漏れが男性より女性の方が多いのは、女性の尿道が男性に比べて短い事、出産経験が骨盤底筋に影響するからです。
その為、多くの女性が尿漏れで悩んでいるようですが、40歳以上の女性の尿漏れ(尿失禁)は43.9%と言われています。
女性の尿漏れは大きく2種類あり、ひとつは膀胱が自分の意思とは関係なく急に収縮してしまう結果おしっこがしたくなりトイレに行くまでに我慢が出来ず漏らしてしまう、尿失禁です。
膀胱は尿をためる為の袋ではなくて、薄い筋肉で覆われた袋なのです。
排尿(おしっこをする)時、自分の意思で開始し勢いよく出るのは、膀胱の筋肉が収縮するからなのです。
それが自分の意志と関係なく、筋肉の収縮の結果の尿漏れが切迫尿失禁なのです。
代表的なのが過活動膀胱で、治療は内服薬が中心です。
もうひとつは咳やくしゃみ等、おなかに力が入り尿漏れをする尿失禁です。
これは出産後、尿道周囲の組織が壊れる事で発生する場合が多く、これが圧迫性尿失禁です。
治療は手術が中心です。
又、骨盤底筋が健康な状態であればちょっとした運動などでお腹に力がかかっても骨盤底筋の筋が反射的に尿道を締め、尿漏れを防ぎます。
尿漏れは骨盤底筋が緩んでいるサインと言えます。
そこで
一寸目先を変えて姿勢に注目してみてください。
猫背の人は尿漏れ、逆流性食道炎、誤嚥性肺炎、腰痛、膝痛、ロコモティブシンドロームに関係している事をご存知ですか。
猫背は噛み合わせが大きく改善する可能性があることをご存知ですか。
猫背で尿漏れでお困りの方は噛み合わせを視野に入れてみてはいかがですか。

投稿者:池上 孝

2019年01月21日

自律神経失調症と噛み合わせ

自律神経とは身体内部の情報と身体外部の刺激を身体を正しく健康的に調整、制御(コントロール)する神経で、自律神経は自分の意思とは関係なく作動します。
これに対し、自分の意思でコントロールできる神経は「体性神経」(運動神経)と言います。
自律神経失調症とは、それらの調整、制御が不調になり、様々な症状が繰り返し出現、改善する病気(疾患)です。
代表的身体の症状のうち、同時に出現したり、治っても別の症状が出るなど、複雑な臨床症状が現れるのです。
その症状とは、疲れやすい、朝起きられない、頭がふらつく、ふわふわする、頭重、ズキズキする
体温異常、睡眠異常、口渇、喉の異物感、詰まった感じ、耳鳴り、耳閉感、動悸、息切れ、胸の痛み、圧迫感、胸やけ、げっぷ、吐き気、便秘、下痢、頻尿、残尿感
首、肩のこり、腰の痛み、だるさ、皮膚粘膜のかゆみ
手足のしびれ、力が入りにくい、手足のむくみ、ほてり等です。
原因を特定することは困難で多くは「ストレス」が原因と言われています。
現代社会に生きるには、大なり小なり、多かれ少なかれストレスはかかっているものです。
しかし発症する人としない人がいるのは、生まれ持った体質、体格、季節、気圧、育った環境などが左右すると考えられています。
しかも嫌な事でも全く動じない人もいれば、ぐったりとする身体症状、精神症状が出る人もいます。
又、心身症、神経症、うつ病など間違いやすく、区別が困難なのです。
治療法としては
生活習慣の指導、食事指導、薬物治療、休養指示が行われています。
自律神経の乱れは自律神経失調症以外に神経性胃炎、メニエール病、過敏性腸症候群があり、検査をしても異常が見つかりにくいという特徴もあります。
自律神経が乱れるのは、ストレスが限界に達した時、女性の場合月経一週間前「黄体期」になると「PMS」(月経前症候群)に症状が現れやすくなり、自律神経症状を引き起こしやすくなります。
自律神経症状は様々で、不調を感じた時ストレスを受け続けないように、生活習慣を改善してしっかり休養をとる事だと言われています。
私見として、対症療法だけでなく一度噛み合わせというものを考えてはいかがですか。まず割り箸を5㎝くらいに切り、左右の小臼歯部で10分間咬んでみてください。
すると目、鼻、口内、呼吸に変化が現れる可能性があります。
目症状 コロコロ、チカチカ、目が開いた、視力が変わったり、鼻の通りが良くなったり、口内に唾液が増加、呼吸が深く、楽になったり等の症状が確認できれば、それが自律神経が調整されたという事です。すなわち副交感神経が優位に働いたという事です。
それが歯の噛み合わせなのです。

投稿者:池上 孝

2019年01月21日

後鼻漏と噛み合わせ

後鼻漏とは、鼻汁が喉に流れてくる症状を言います。
鼻汁が喉の奥で溜まると違和感や、咳、たんに悩まされ、更に鼻汁が肺にまで流れると、気管支炎、肺炎、喉頭炎の原因にもなります。
又、口の中が渇きやすく、喉に違和感があり仰向けだとよく眠れない状態であれば後鼻漏の可能性が大きいのです。
鼻の中は鼻粘膜が覆っていて、鼻汁などの粘液は鼻粘膜の細胞表面にある繊毛という細かいブラシの様な構造の繊毛運動によって喉の奥に送られ、知らず知らずのうちに飲み込んでいます。
これは鼻や喉を保護する為の体の働きなのです。
鼻炎や副鼻腔炎などの鼻の病気になると、この仕組みが働かなくなると後鼻漏になるのです。
治療には時間がかかり、症状が完全に消えることは難しいこともありますが、炎症が長引くと、鼻の奥で耳に繋がる管(耳管)が詰まり、耳が聞こえなくなる事もあります。
鼻炎、後鼻漏を患っている人は鼻の中が乾燥している事が多いようです。
鼻汁が鼻からではなく喉からばかり流れているのに、鼻の中は乾燥しています。
これがドライノーズです。
症状としては、鼻の奥がツンとする、息を吸うと鼻の奥がスースーして痛い、鼻が詰まっていて鼻をかんでも鼻水が出ない、鼻の奥がむずがゆい、鼻血が出る、鼻くそが溜まりやすい、鼻くそに血が混じります。
原因は空気の乾燥で湿度の少ない乾いた空気を吸い込むと、鼻の中が乾燥して、そのことで免疫が下がり鼻汁の分泌が多くなります。
運動不足や冷え性など血行不良になると、鼻や喉や口の粘膜の血行も悪くなり、免疫力が下がり粘膜が乾燥するのです。
点鼻薬も、血管収縮剤により交感神経が優位になり、緊張状態になると粘膜が自分の力で鼻の中を湿らせる働きが弱まり粘膜が乾燥します。
自律神経が乱れ交感神経優位になり緊張状態になり、鼻の中や口の中が乾燥します。
また、鼻毛を切りすぎても鼻の中の乾燥に繋がります。
治療法は、対症療法として加湿器をつけて部屋の湿度を上げる方法、マスクを使用、スプレー、ジェルを点鼻したり鼻の中に塗布して保湿する方法
それでも改善しない場合は鼻副鼻腔手術を行うこともあります。
視点を変えて「噛み合わせ」に目を向けてみてください。
ドライアイ、ドライノーズ、ドライマウスは「噛み合わせ」治療で改善する可能性があることを知って頂きたい。

投稿者:池上 孝

2018年11月20日

噛み合わせの高さと口角炎

口角炎は上口唇と下口唇が合わさる(交わる)唇の両端の口角部に何らかの原因で炎症が起こるものです。
口角は唾液により常に湿潤な状態になっており、食べかすが溜まりやすく不潔にもなりやすく、また皮膚組織は脆弱で損傷を受けた皮膚組織に感染が生じやすいのです
口角の皮膚と粘膜の移行部が白くただれて潰瘍となり、初めは乾燥して放射線状に口角に亀裂や腫れ、出血、かさぶたが形成されるが、のちに唾液で膨化して、腫れ、潰瘍状になり、口を開くときに痛み、出血することもあります。
正常な皮膚構造の口角では、皮膚のバリア機能が作用するため、感染が起こることはまれだが、亀裂などの損傷を生じた口角は、絶好の感染場所になるのです。
口の開閉によってかさぶたが剥がれ亀裂がさらに深くなることもまれではないのです。
原因は口に常在する真菌(主にカンジダ)が皮膚を刺激してかぶれると言われています。
またビタミンB群(B2、B6)欠乏で感染に対する抵抗力が低下していて、風邪、疲れが溜まって免疫力が低下している時に細菌感染が起こるとも言われています。
また、巷では胃が悪いからと言われています。
これらはかみ合わせが低くなった結果、上口唇と下口唇の皮膚と粘膜が引っ付き合い毛細血管現象で常に唾液が溜まっている為に口唇の皮膚組織に感染が起こり発赤しているものと考えられます。
では、噛み合わせの高さ(咬合高径)はどの位が良いのか?
自転車のサドルの高さを想像してみてください。
高さによって股関節、膝関節、足の筋力はどうなるかを考えてみてください。高すぎるとどうですか?
また、低すぎるとどうですか?良い加減がいいのです。
私はその高さを決める為にО-リングテストを応用して、その人の不快症状に対する高さを決めてスプリントを作り、微調整を繰り返し、身体の症状の変化を聞きながら診断をして高さを最終決定しているのです。
それでも、その高さで症状の変化が認められなければ再度О-リングで高くするか低くするかを暗中模索で手探りで決定しているのです。
それでも変化が認められなければ、噛み合わせとの関係はないと考えているのです。


投稿者:池上 孝

2018年11月14日

顎関節は巨大ポンプ

心臓の働きは新しい栄養豊富な血液を全身の組織に送り出し、その結果発生した痛みの物質を含む老廃物の血液を送り戻しているのです。
それを助けているのが、①心臓②第二の心臓と言われている横隔膜です。
③第三の心臓と言われているのは顎関節です。
こめかみから側頭部に沿った部分に海綿静脈洞(スポンジのたわしみたいな組織)には、頭の内外の静脈(使用済みの痛みの物質を含む血液が流れる血管)が全て集まり、そこから下顎の関節部分には草むら状態の静脈が集まっている翼突神経叢があります。
翼突神経叢では、咬筋を中心とした周りの筋肉に草むらの様に血管がはり巡っています。
物を咬むと咬筋やその周りの筋肉が動くため、それらの血管は圧迫されるが元に戻そうとする力が働くため、海綿静脈洞にたまった血液を頭から心臓に送り返すポンプの働きが生まれます。
つまり咬むということは、頭の中の使用済みの血液を心臓に送るのだから、ポンプはポンプでも心臓とは反対の働きをしているのです。
また、心臓と横隔膜、顎関節を手助けしているのが、④第四の心臓と言われている下肢であり⑤第五の心臓は上肢なのです。
胸部の心臓以外の全てが頭、頚、肩と身体の要所要所で、咬むことで頭の血液をバックさせる中枢的な役割を果たしているのです。
そこで③第三の心臓である、顎関節部を中心とした部分の動きが悪ければ、頭部の血液、痛みの物質の流れが滞った結果として、頭・頚・肩痛を訴えているのです。
噛み合わせを改善する事で下顎の運動も大きくなり血管は引っ張られ圧迫される事で血流が良くなり、痛みの物質を送り出すポンプの役割を果たす為、症状の改善にも繋がっている可能性があります。
まさに噛み合わせは巨大ポンプなのです。

投稿者:池上 孝