お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>治療例

2008年02月19日

うつ病

うつ病とは元気がなくなる感情の病気と言われています。
医師に異常がないと言われても、内科を始め、多くの科を巡る事が多く、最初の受診でうつと診断される人は10.5%しかいなかったとの報告もあります。
うつ病は脳の神経伝達物質の働きの乱れが原因と言われていますが、こうした脳内の変化が身体にも影響して様々な症状を引き起こしていると言われます。
精神状態として憂鬱(ゆううつ)感、思考力低下、おっくう感、判断力低下など…
身体状態として寝付きが悪い、不眠が必ずあり、更に頭痛、眼の疲れ、耳鳴り、肩コリ、手足の冷え、自律神経の働きの乱れから、便秘、動悸が表れる事もあります。(うつ症状をもつ患者さんの姿勢は100%猫背との報告もあります。)
うつ病で見られる体の症状に対して、きちんとした病名が付けにくく、“自律神経失調症”と付けられる様に、はっきりとしない症状が身体の様々な部位に現れる事が多いようです。
現在の治療法として、まず休養をとる事と、薬物療法が行われています。
最近、噛み合わせ治療により、神経伝達物質である、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン、メラトニン等との関与の研究も進んでいる様です。
噛み合わせ治療によって、これらの諸症状が緩和するならば…と考えてみてはどうでしょうか?
原因のない結果はないはずです。
%E6%BF%B1%E5%85%83%E3%81%95%E3%82%93.jpg
初診時、すごいうつ状態でしたが、治療後元気になり、ボランティアにも参加されています。
目と唇、小顔効果も出ていると思います。

投稿者:池上 孝