お問い合わせ先
岡山県岡山市中山下1-5-38
池上歯科医院
TEL:(086)-231-0086
FAX:(086)-234-2999

歯の噛み合わせ

TOPページ>>歯の噛み合わせ

2016年12月27日

唇、瞼、目の周囲のけいれんと噛み合わせ

唇がひくひく、ピクピクするのは、疲れ、ストレス等により血流が悪くなっているからです。
唇が赤いのは多くの血管や神経が集っているからです。
疲れやストレスが加わると疲労物質の乳酸が筋肉の動きを鈍らせ、血流が悪くなり、痙攣が起こりやすくなります。
ヘルペスが出来やすい人は唇が痙攣しやくなります。
ヘルペスは神経性ウィルスで、一度かかると唇の筋肉や神経に傷ついて痙攣しやすくなると言われています。
疲れたり、病気になったり、ストレスが溜まると、唇がカサカサしたり、荒れて来るのは疲労物質が溜まっているからなのです。
また、ビタミン、ミネラル等栄養不足、心因性のもので緊張したり、過度のストレスがかかった時に現れるのです。
目の周り、唇、口のしびれや痛みに発展し、顔が激しく痛むと三叉神経痛の疑いもあります。
また、唇の痙攣の他、頭痛、ろれつが回らなくなったり、手足のしびれ、痙攣している同側の目が見えなかったりの症状が出て、意思の疎通ができなくなったら、脳の血管がつまっている可能性があり、すぐに病院へ行って下さい。
唇だけでなく、瞼や頬など顔の他の部分も痙攣して片側顔面けいれんがあり、痛みを感じるのはストレスだけでなく、顔の血管内部に悪玉コレステロールが詰まって、顔面神経を圧迫する事が原因と考えられています。
それも要注意のサインです。

対処法として
唇の血流の良くなるクエン酸が多いレモンやイチゴ等の果物、ビタミン、マグネシウムの多い野菜、豆類、魚介類の食事をとる事と、過度な運動がストレス解消になり効果的です。
唇は身体の中でも敏感な部分で様々な身体の不調を教えてくれる鏡なのです。

投稿者:池上 孝